風邪の彼氏にイタズラでフェラチオH小説

風邪の彼氏にイタズラでフェラチオH小説 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 風邪の彼氏にイタズラでフェラチオH小説





記事No.441:日付(2017-03-29)
カテゴリ:フェラチオ

彼が風邪を引いて熱を出していたのでおとなしく横に寝ていたのですが
あまりにもその様がかわいかったのでちょっと悪戯しちゃいました。(笑)

キスをしようとした彼に「風邪がうつっちゃうからおあずけだよ~」って言ったら
「おあずけ」と言う言葉に敏感な彼はもうおっきくなってました。
「まだ何にもしてないのにこんなになっちゃっていやらしー」
「○○←彼の名前ってすっごいいやらしいよね、○○のおちんちんも
すっごくいやらしいよねー」と言いながら上半身を舌で丁寧にすこ~しづつ
舐めまわしてあげました。乳首やわき腹は超敏感なので
触れるか触れないかぎりぎり程度の、でも執拗な攻撃をして声をあげさせちゃいました。
熱があるので彼の身体は熱くて少し汗ばんでて、その熱い身体と
彼のほのかな体臭が私のエセプチS魂を増長させました。(笑)

その後、さっき飲んでいたコーヒーのグラスに氷がまだ沢山残っていたので
その氷を一つ口に含み、氷と舌の同時愛撫を全身に。
でも、身体が熱いからすぐ溶けちゃって困りました。手で氷を持って体のいろんな部分に
くっつけて刺激したあとに舌で溶けた水分を丁寧に舐めとります。
彼も腰が自然に動き始めて、おちんちんはもうお汁が出てきてパンツが濡れてます。
「今度はどうして欲しいの?」って聞くと「舐めて」というので「どこを?」
「おちんちん」「誰の?」「○○の」「どんな?」「いやらしい」と言うような
質問攻撃でいじめます。(笑)「なーに?どうして欲しいの?」「おちんちん舐めて」
「おちんちんじゃないでしょ。ちゃんと言わないとやめちゃうよ」
既にこの辺で泣きそうな顔の彼、すっごくかわいいです。
「○○のいやらしいおちんちん舐めて」と自分で言うまで絶対に触ってもあげません。
ちゃんと答えられたら「いい子だねー、いっぱいかわいがってあげようねー」
といって口に氷を含んでそのままフェラチオです。
彼が行きそうになったら口を上半身に移しての繰り返しで最後はいっちゃいました。
この日は私も生理中だったので
セックスできなかったからちょっと寂しかったです~。


タグ:フェラチオ/彼氏/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:美しい若妻との濃厚な浮気エッチ告白話



続きを見る

記事名:マッサージ師を誘惑する淫乱痴女人妻のエロ不倫体験話



続きを見る

記事名:旅行先で生中出しされた浮気エッチ体験話



続きを見る

記事名:清楚な三十路人妻とレイプごっこでエッチした不倫体験話



続きを見る

記事名:見知らぬ男に調教されるバツイチ女のSM体験話



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> パートの人妻の気持ち良いフェラチオ浮気体験話