彼女が寝取られて興奮浮気エロ話

彼女が寝取られて興奮浮気エロ話 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 彼女が寝取られて興奮浮気エロ話





記事No.407:日付(2017-03-20)
カテゴリ:NTR

俺27歳会社員
彼女22歳大学4年
付き合って2年ぐらいした時にくだらない喧嘩をして別れたのよ。
まぁ彼女の一方的なわずままが原因だったからいずれ戻ってくるとは思ってたんだけど。
で、案の定4ヶ月したら「復縁しよう」って電話がかかってきて復縁したんだ
復縁した後に4ヶ月間なにしてた?って聞かれたからちょっとイジワルしてやろうと
「他の女と付き合ってた」って嘘ついたら「私も色々あったよ」って。
何があったの?と聞いてみたら
「別れた後すぐに告白されて付き合った、でもその男は元彼女と浮気をしてて別れた、改めて私には○○(俺の名前)しかいない」と言われた。
あぁ…こいつ他の男とヤってたんだ…ってすげーショックだったな。
嘘でもあんな事を言わなきゃこんな話題にもならなかったかも知れないのにって。

復縁してから彼女と出かけたら「別れてる間に付き合った元彼の家がこの辺りだった」と聞かされた。

と言っても彼女も男の家には行った事が無いらしいが。

じゃあラブホ行ったんだーと勝手に俺が解釈してた。

翌日、久々にラブホにでも行こうか?って話になり彼女に

「どこかおすすめのラブホって無い?あったらそこに行こうよ」と言ったら

「私はあなたとしかラブホに行ったことないよ」だって。

でもお前、元彼の家には行かなかったって言ってたよな?どういう事だ?

その事を彼女に問い詰めたらカラオケでヤッたと白状した。

この時点で胸は痛いし心拍数も上がってたから聞くのを止めようかと思ったんだけど

中途半端だと逆に気になるから毒を食らわば皿までと思って色々と質問しまくった。

彼女の話

カラオケに行って…

私は歌うつもりだったけど元彼が私のすぐ隣に座ってきた。

それでも少し歌ったりしてたんだけどしばらくしたらキスしてきた。

そのまま胸も揉まれて「このままエッチしちゃうのかなー?」って思った。

そしたら服の中に手を入れられブラのホックを外されて直接胸を揉まれちゃった。

だんだん元彼の息が荒くなってきたと思ったら服を捲られて胸を舐められた。

気持ちよくてもうここでエッチしちゃっても良いと思った。

胸から離れたなと思ったらスカートの中に手を入れられてアソコを触られた。

濡れてるのが自分でも分かって恥ずかしかった。

「少し腰を浮かせて」って言われてパンツも脱がされ、指を入れられちゃった。

しばらく弄られてたら「俺のもしてくれる?」と言われたから元彼の足の間に入って脱がせた。

大きくなってて先っちょから少し出てたけど舐めてあげてフェラしたら「気持ちいい…」って言ってくれて嬉しかった。

このままイカせてあげようかな?と思ってフェラしてたら「そろそろ挿れたい」って言うから「ゴムは?」って聞いたらサイフから出してくれた。

もう一度フェラしてちゃんと大きくしてからゴムを付けて上げてそのまま私がまたがって挿れちゃった。

久しぶりのエッチで少し痛かったけど元彼が「気持ち良いよ」って言うから頑張って上で動いた。

しばらくしたら「今度は俺が動きたい」って言うんだけどカラオケの椅子じゃ狭くて正常位は無理。

だからバックで後ろから突かれちゃった。

バックでしてて私も感じてたら「イキそう、イッて良い?」って言うから「良いよ」って言ったら激しく動いてきた。

そしたら奥まで入れてきて「あーイッちゃったんだー」って思って、抜いた後ゴムを見てたらイッパイ出てた。

ブラとか直してゴムはテッシュで包んで女子トイレの汚物入れに捨てて帰った。



もうここまで聞いた時点で欝勃起で頭おかしくなりそうだった。

ってか頭おかしかったと思う。ここから更に色々と質問した。

「胸を舐められて感じた?」

「うん、気持ちよかった」

「オマ○コ触られた時は?」

「すごい感じた、濡れてるのが分かって恥ずかしかった」

「彼のオチンチン舐めてる時はどう思った?」

「ニガイけど気持ち良さそうだから良いかなぁって」

「口に出されるとかは思わなかったの?」

「それはそれで別に良いやーぐらいしか思わなかったよ」

「自分でまたがったんでしょ?彼はどんな感じだった?」

「気持ち良さそうだったよ」

「どう思った?」

「嬉しかったからもっと気持ちよくなってもらおうと思って頑張った」

「バックで突かれてどうだった?感じた?声出た?」

「すごい感じていっぱい声出ちゃった。バックは気持ちよかった」

「彼がイッた時どうだった?」

「中でビクビクしたからイッてるのがよく分かって「私の中でちゃんとイッてくれたんだー嬉しいなー」って

「それで終わり?」

「エッチしたのは1回だけ」

「キスとかは?」

「次の日にまたカラオケに行ったんだけどその時に」

「エッチしたいって言われなかった?」

「言われたけど2日連続でカラオケはちょっと…って拒否ったよ」

「キスはしたんでしょ?」

「うん…」

「どうだった?」

「キスだけでちょっと濡れたのが分かって私ってエッチなのかなー?って思った」

ここまで聞いた時点で興奮と嫉妬で俺がおかしくなってたらしく

「もうこれぐらいで良いでしょ?」と強制終了。

後日、俺が「あの話は嫉妬したけどすげー興奮した。ヤバイ」って言ったら

「変なのに目覚めちゃったねw」と笑ってた。

その笑顔を見ながら「あぁこの笑顔は俺以外の男に向けられ、その手でチソコをしごき、その唇で咥えたんだー」と思ったらまた興奮した。

そんな俺を見て「また興奮しちゃったの?」と笑いかけてくる彼女が他の男にまたがって自分で腰を動かして喘いでたかと思うともうね…。

そんまま1回ヤった。

バックでやった時に「こんな風に喘いでたのかな?」と思いながらヤッた。

なかなかイケなくて最後は口でイカせてもらったんだがその時に

「俺以外に付き合ったのって2人だよね?口でイカせたりしなかったの?」と聞いてみたら「それぐらいはまぁ…あるよ」と。

「あなたと付き合う前に付き合ってた私の最初の彼氏がヘンタイでね。車の中でしてあげたり、公園の茂みで挿れられたりしたよ。一番恥ずかしかったのは元彼の友達の家でエッチしてて、そこに友達が来て裸を見られた時かな」

それ以上は喋るのを嫌がったし、聞き出すのは無理そうだから俺も断念。

その話を聞いてから俺のズリネタが、他の男にヤラれる彼女になった。

いつか彼女を他の男に抱かせそうで怖い。

まさか自分に寝取られ属性があるなんて思わなかったわ。


タグ:寝取られ/彼女/浮気/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:人妻と浮気中に旦那帰宅不倫エロ体験小説



続きを見る

記事名:友達の母親を調教した人妻不倫セックス体験日記



続きを見る

記事名:彼女に嫉妬して息子を犯した母親の近親セックス話



続きを見る

記事名:5Pの乱交で興奮した人妻のエロ小説



続きを見る

記事名:寝ている同僚の彼女に中出し浮気エロ告白話



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 姉をバックで犯した近親相姦エッチ話