貧乳の人妻と騎乗位エッチ不倫小説

貧乳の人妻と騎乗位エッチ不倫小説 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 貧乳の人妻と騎乗位エッチ不倫小説





記事No.329:日付(2017-03-12)
カテゴリ:不倫

出会いサイトで知り合った人妻と待ち合わせ。
待ち合わせして待つ事30分。
30代後半と言ってたけど、すんごい美人!
直ホは確認済みだったので近場のホテルへGO!
色々家庭の愚痴とか聞く事1時間。
彼女が涙を流し始めた。
そこで彼女を抱きしめてキス。
キスをしながら「ふぅーん」と軽く喘ぐ。
舌を差し込んで絡ませるが彼女の舌が短い。
服の上から胸をまさぐる。
事前に「私、胸は小さいの。」と聞いていたが、極端に小さいという事はない。
彼女はGパンを履いてきていたのだが、ホントに形がいい!
手が胸から尻にさがっていくと、「シャワー浴びよ」と彼女が言った。
初めてという事で一緒に浴びるのは恥ずかしいという事で別々に。
初めは俺が浴びたのだが、愚息を中心に洗い、ものの5分で浴室を出たら、
「ずいぶん早いのね」と笑われた。
彼女をワクテクしながら待ってると彼女が先程とは別人の笑顔で出てきた。
いよいよ戦闘開始!
ベットで横になり、キスからスタート!
胸から攻めていくと「はぁーん、うーん」と軽い喘ぎ声が洩れる。
そこから、耳を軽く噛むと「あぁーん。」耳が感じるようだ。
アソコに手を伸ばすとあまり濡れがよくない。
クリを重点的に攻めるべく、クンニ開始!
声が一段と大きくなる。
匂いは少し鉄臭い。気にせず続ける。
段々濡れが多くなり指挿入!
ん!?なんだかでかいな?と感じたがGを重点的に攻める!
「そこそこ!そこいい!」
「気持ちいい!」
「ちょうだい!ちょうだい!」
と言われるが先に女を逝かせてから挿入、というのが俺のポリシー。
クンニで逝かせてから愚息で最後に逝かせる、というのが俺のやり方だ。
「まだだめだよ!」
「まだあげない!」とオアズケにする。
そうして、攻めていると「逝っちゃう!逝っちゃう!あぁーん!」
ぐったりして彼女は逝ったようだ。
すると彼女が「私一回逝っちゃうと、後逝けなくなるの」と言う。
ならば試してみようとゴムを手にすると、「リング入れてるからそのままでいいよ。」と口にする。
いよいよ挿入!
やはり、ややアソコが大きいようだ。
というより、俺のが小さいのか!?
ただ彼女は一生懸命締め付けてくる。
それが彼女をよりいっそう愛しく思わせる。
ピストンをしてると、彼女が体を右にずらし、手を玉袋に伸ばしてきてやさしくさする。
それが、ものすごく気持ちいい!
耐え切れず中出し!
そのままぐったりしてると、「気持ちよかった!」やさしい口調で彼女が言う。
お世辞かな!?とも思って「ホントに良かった?」と聞くと「すごい良かったよ。」と彼女。
そして彼女に腕枕しながらたわいのない話をしてた。
「今度は私がしてあげる。」と彼女がフェら。
ジュボ、ジュボ!と音を出しながら吸い付いてくる。
かと思うと今度はやさしく舐めあげる。
うまい!うま過ぎる!玉舐めは絶品だ。
思わず出そうになる。
今度は攻守交替!
得意のクンニ、指万攻撃!
彼女の手が愚息に伸びてくる。
手こき攻撃を仕掛けてくる。
「今度は一緒にいきたいの。お願いちょうだい」と彼女。
「どの体位が好き?」と俺。
「上が好きかも」と彼女。
彼女が上になり挿入。
腰使いが、クネクネしてなまめかしい。
「○○大好き!」と強く抱きつく彼女。
二人で唇をむさぼる。
「逝っちゃう!逝っちゃう!一緒にきてー!」合わせるように射精した。


タグ:人妻/貧乳/騎乗位/エッチ/不倫/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:夫婦の初スワップエッチ体験話



続きを見る

記事名:上司とOLの騎乗位エッチ小説



続きを見る

記事名:スワッピングにハマった淫乱妻の浮気エロ小説



続きを見る

記事名:残業中OLの気持ちいいフェラチオ話



続きを見る

記事名:同僚の人妻に夜這い中出しエッチ体験日記



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 寝ている兄にフェラチオしてセックス近親相姦エロ告白話