友達の彼氏にフェラチオ浮気エッチ小説

友達の彼氏にフェラチオ浮気エッチ小説 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 友達の彼氏にフェラチオ浮気エッチ小説





記事No.326:日付(2017-03-12)
カテゴリ:フェラチオ

友達のAちゃんと彼氏君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていない
と聞き君の相談に乗ってあげました。
職場の人達からはAちゃんと君は結婚するんじゃないかと噂されるくらい
普段は仲が良いのですが。
どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。職場も同じ
なので仕事のことも長々と話していました。
バーのようなところでお酒もすすみ、終電の時間に間に合わなくなりまし
た。
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話していると君が「ホテルで泊ま
るか・・・」
「えぇっ」と答えると「何もしないからさ」
お酒に相当酔っていた私は君に寄りかかりながら
歩いていたくらいで、早く横になりたい一心でした。
ホテルに入ると私はすぐにベット中に・・・。
君はお風呂に入りに行き、しばらくすると出てきました。次の日が土曜で
休みだったので私はお風呂は朝入ろうと思いました。
ベットを半分ずつ使って寝ていましたが、結局・・・
初めは乗り気じゃなかったんですが・・・。
部屋に暖房がかかっていて汗ばむくらいでした。
ブラを外され小さな胸をやさしく愛撫されました。乳首を吸ったり、乳首の
周りを舌でなぞられたり・・・。丁寧にしてくれてすごく感じてしまいまし
た。
Aちゃんの彼氏に自分の体を見せていると思うと
興奮してきました。
あそこがグチョグチョに濡れてきた頃にパンティーの中に手を入れられて指
で愛撫・・・初めは指でパタパタと撫でてきて、時間がたつと激しく擦るよ
うに愛撫・・・。もう少しで「イケそう」と思ったのですが、そこでストッ
プ・・・。クンニへ移行・・・。
「あぁっ、お風呂・・・入ってない・・・」
「大丈夫だよ・・・」
君はクリを下から舐めて舐めてきたので自分の
気持ちいいように腰を動かしてしまいました。
「ああんっ・・君、私・・い、いっちゃうよっ、いきたいのっ」
お酒の影響も手伝って、私は腰を浮かせてすぐにイッてしまいました満
足・・・。
君はオチンチンを出してきて、大きくてビックリ・・・。
咥えると君のあそこの毛から石鹸の香りさっきのお風呂がしてたのが
印象的でした。
オチンチンの下側の二つこんもりしているところが
気持ちいいみたいでそこを強く舐めてあげると喜んでくれました。
「Aちゃんはどうやって君のを咥えてるのかな・・・
なんか罪悪感が・・・」と思っていると
突然、口の中で・・・精子が出てくる前はドクッ、ドクッとオチンチンの下
側が動いたのですが・・・。
独特の苦味と熱さが口の中に拡がり・・・。
「もう飲んじゃえ」っと苦味がこれ以上続かないように全部飲んじゃいまし
た。
Aちゃんは飲んでくれたことがないらしく、君はすごく喜んでくれまし
た。
バックで挿入・・・。
君は激しく突いてきて、私のお尻が波打つのが自分でも分かりました。


タグ:フェラチオ/エッチ/浮気/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:スワッピングにハマった淫乱妻の浮気エロ小説



続きを見る

記事名:ナンパした巨乳娘のパイズリ顔射!エロ小説



続きを見る

記事名:不慣れな夫婦のスワッピング乱交セックス体験話



続きを見る

記事名:女上司のアナルセックス処女をもらったSM話



続きを見る

記事名:美乳の子にトイレでフェラチオ口内射精エロ告白体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 欲求不満な未亡人の誘惑セックスエロ体験話