未亡人の母親と裸エプロンエッチ体験話

未亡人の母親と裸エプロンエッチ体験話 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 未亡人の母親と裸エプロンエッチ体験話





記事No.309:日付(2017-03-10)
カテゴリ:エロ/エッチ

母が未亡人になり、私と愛し合う様になってからの事です。
「母さん・・・・」
私は母に裸にエプロンをして欲しいと思いましたが、なかなか言い出せず
「なあに?・・・オッパイ?・・・用事が済んだら吸って・・・」
「オッパイじゃなくて・・・裸でエプロンしてくれる?」
思い切って母に頼んだのです。

「え!・・・裸でエプロンするの?!・・・もうどこでそんなの覚えるの」
「だめだよね・・・・」
「困った人ね・・・可愛いエプロンがいいんでしょう?・・・」
「母さんいいの?・・・」
「そんな可愛いエプロンないのよ・・・・普通のエプロンならあるけど
・・・ねえ母さんに裸にエプロンを着けさせたいの?・・・」
「・・・だめだよね・・・」
「いいわよ・・・可愛いエプロン買いに行こうか?・・・ねえどんなの
がいいの?・・」
「レース柄とかのいい」
母が持っているエプロンを見せてくれたが、普段使っているエプロンで
実用向きなエプロンだった。

母とエプロンを買いに行ったが、なかなか可愛いのが少なく、母がよく
行くお店にいくことにした、そこは母が前ボタンのワンピースを注文した
お店で、ランジェリー類からイロイロあり、母の水着もそこで買い求めた
水着で背中が大きく開き、前の部分が深い大胆なVカットでオッパイの谷
間が露出した水着で、私が選んで買い求めてくれた。

母が店員の女性に<可愛いエプロンが欲しい>と告げると、その店員は
母と私を案内してくれた。<こちらになります、ごゆっくりどうぞ>と言
い、私と母を二人にしてくれた、数ある中から選びだしたのが、いくつか
あり、その中から母が私に選ぶ様に言った
「どれがいい?・・・」
私は白でレースの縁取りがある可愛い、エプロンを母に渡した

「母さんこれがいい」
母が女性店員の方に顔を向けると、近くにきて<これでよろしいですか>と
言い、レジを済ませて<いいお母さんですね>と私に微笑み、<ありがとう
ございました>と言ってくれた。私と母の関係に気づいていた様でした。

家に帰ると、玄関を閉め、母が和室に布団を敷き、服を脱ぐのを手伝い
母の背に回り、ブラジャーのホックを外し、可愛いショーツも脱がせてや
り、母が前に向き直った、形のいいオッパイにパイパンのオマ○コが目の
前に見え
「着させて」
裸の母が可愛く見えた

買ってきたエプロンを裸に直接着け後ろで紐を結んだ、後ろで紐を結んだ
時、すごくセクシーで母の前に両手を回し抱き締めてしまった。
「あん・・・もう・・こんな格好させて・・悪い子ね・・・あっ・・・」
母のうなじにキスをしながら、オッパイを揉んでいた、我慢できなかった
ペニスがズボンの前を突き上げてしまっていた。

母を布団に仰向けに寝かせ、急いで裸になった、
「あ!・・すごいのね・・そんなに元気になったの」
母の両脚を開きオマ○コに吸い付き舐め上げ、母が可愛い声を上げていた
「あっ・・・すごい・・あ~ん・・あっあっあっ・・・いや~ん・・・
そんなにだめ・・・」
母のオマ○コはいつも淡いい香りで、夢中になって吸い付き舐め上げて
ペニスが更に硬さを増し
「○ちゃんの舐めさせて」
母が起き上がり、ペニスを口いっぱいに頬張るようにして舌で舐め回して
私は我慢できず、口から出すと
「母さん入れたい」
「母さんも欲しいわ・・入れて・・・」
母が両脚を立膝にして開き、両脚を抱え突きいれると、母が大きくのけぞ
り声を上げた

「あー・・もっと入れて・・・あーもっと・・・」
激しくピストンをした
「○ちゃんきて」
母が両手をひらいた、私は母に重なり力の限りに突き上げ、激しさを増し
精液が母の奥に放出すると母が失神してしまい、ペニスが膣の中で締め付
けられ、抜けにくい状態になってしまっていたのですが、母に重なったま
までいたので、しばらくそのまま静かにして動かず、母が気がついた時も
まだ抜けにくいままで、締め付けられていた。

「母さん・・・すごい締まっているよ・・」
「ごめんね、また抜けないのね・・・○○愛しているわ」
「母さん愛しているよ」
お互いに口を求め舌を絡め吸い合い、長いディープキスでした。どの位
たっていたのか、膣が少し緩みを感じ、それでも抜かず、更に突き上げて
隙間がない位に一つになり、母と愛し合いました。

母もこの事はやはり覚えていて、
「あの時、抜けなければどうしようと思ったわ・・・すごい感じてしまっ
て、あなたの精液が出た時に、痺れるみたいになってしまったの・・・・
精液が奥に出されるでしょう、熱くなって全身に感じてしまうの・・・
○○・・・・愛してるわ・・・」

母にはよく失神されたのです。私の精液を吸収する母の肌が、綺麗な艶肌
に変っていくのも感じてました。あの頃の母に恋をしていたのかもしれま
ん、独身時代の母とのことでした。


タグ:裸エプロン/未亡人/母親/エッチ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:野外セックスで興奮したOLのエロ体験小説



続きを見る

記事名:巨乳ぽっちゃり人妻との後背位セックス体験話



続きを見る

記事名:息子とセックスに夢中な母親の近親相姦セックス体験談



続きを見る

記事名:宿泊代代わりに妻を視姦させた若妻エロ話



続きを見る

記事名:男友達と彼女との生挿入3Pセックス体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> パートの人妻の気持ち良いフェラチオ浮気体験話