泥酔して乱交になった彼女の浮気エッチ体験談

泥酔して乱交になった彼女の浮気エッチ体験談 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 泥酔して乱交になった彼女の浮気エッチ体験談





記事No.1783:日付(2017-09-20)
カテゴリ:複数/乱交

彼女も俺も社会人。
彼女は、有名人で言うと、木佐彩子みたいな感じ。結構かわいいと俺は思う。
彼女は平日休みが多く、俺は普通に土日休み。
付き合い始めて3ヶ月ぐらい経って、彼女が休みの日の前の晩、仕事帰りに、友達と飲みに行く予定がある、と言っていた。そのときは、彼女の職場は女だらけなので、女しかいないもんだと思ってた。

俺はその日は普通に仕事、翌日も仕事。
特に気に留めてなかった。

ところが、実際には男もいた。
人数的には、男3、女2だったそうだ。
そいつらは、俺と彼女が知り合う前から友達で、
以前はよく一緒に遊んでたらしい。知り合ったきっかけは、
友達を通した飲み会(合コンぽい感じ)だって。

その後、俺が彼女と付き合うようになって、
彼氏(=俺)ができたことは、そいつらにきちんと知らせてて、
そいつらとは全然遊んでなかったらしいけど、
その日は、男の一人が誕生日かなんかで、
久しぶりにみんなで集まろう、ってことになったそうだ。

ちなみにもう一人の女は、彼女と同じ学校出身の人。
えーと、最初は、まあ、居酒屋かどっかで楽しく飲み会して、
すごい盛り上がったそうだ。

会うの久々だったし、彼女も女友達も、翌日休みだったし。
で、その後、解散しないで、もう一人の女の部屋に行った。
(ただし男は一人帰った)
そこでも盛り上がってた。

俺は酒あまり好きじゃないし、
彼女とのデートでもほとんど飲まなかったので、
彼女もたまには羽目を外して飲みたかったのかも。

しばらくして女友達が潰れ、寝室でお休みになられたそうです。
残りは男2人と、彼女(名前、ユキにしておきます)。
すると、1人の男(A、にするか)が、

「俺って前からユキちゃんのこと好きだったんだよ~」
とか言い出した。
「彼氏できちゃったんだよね?残念だな~」

みたいなこと。で、だんだん調子に乗ってきて
「彼氏になるのはあきらめるから、ちょっとだけ抱きしめさせて!」
みたいに、フザケた軽い感じで迫ってきた。

彼女は、最初は「も~、やめなよ~(笑)」
みたいな軽い感じで拒絶ってたらしいんだけど、
もう一人の男(Bにする)が、ずるい、おれもやらせろ、
とか言って、Aといっしょに彼女に手を出し始めて、
男二人で、だんだん行為がエスカレートしてった。

最初は軽く抱きしめたり、手撫でたりだったんだけど、
そのうち、服の上から胸揉んだり、スカート捲ろうとしたり。
それで、キスとかされそうになって、さすがにちょっと強めに抵抗した。

で、男達がちょっとやめて、でもしばらくしてまた始めて。
そんなこと繰り返すうちに、Aが、
「もう、すげえ興奮してきちゃったから、お願いだから、口でして!
誕生日プレゼントってことで!そしたらユキちゃんのことあきらめるし、
もう何もしないから」とか言ったそうです。

そう、Aの誕生日だったんだって。アホか。
それで、彼女が返事する前に、Aは立ってパンツ下ろして、
彼女の顔の前に自分のアレを突き出したんだと。

(思いっきり勃起してたらしい)
で、Bが、「やってやれよ、こいつマジでユキのこと好きだったんだぜ」
みたいな訳わかんねえことを言って、いろいろ、
ここでやってあげないのはおかしい、とか、こいつの気持ちを考えてやれ、
とか言って責めた。彼女はどうしたらいいかよくわかんなかったけど、
最終的に、「やってあげないと悪い」みたいに思っちゃったらしい。

酔ってるってこともあったんだろうが、彼女はとにかく八方美人というか、
人に悪く思われるのが、すごい嫌だと思う性格、だと思う。
結局、彼女はフェラをした。

Aは足を広げて立ってて、彼女は床に座ってる体勢。
Aは、彼女の頭撫でながら「あ~、気持ちいい」とか言ってた。
で、Bはというと、彼女の後ろに、彼女にぴったりくっつくように座って、
胸揉んだり、うなじにキスしたりしてきたそうだ。

彼女は、フェラしてるってことに興奮してきて、
Bの愛撫も、なんか気持ちよくなってきてた。

で、その状態がしばらく続いた後で、Bは何も言わずに、
彼女の服を脱がし始めた。抵抗はしたらしいけど、
まあ、本気で抵抗はしてなかったんだと思います。
そんな感じで、彼女は全部脱がされて、全裸。
AもBも、彼女を弄びながら、自分で服を脱いだ。

で、Bが、「今度は、俺のもくわえて」とか言って、
彼女を回れ右させて、自分の方に向けさせた。
Bは膝で立ってて、彼女は、Bのをくわえるために、
四つん這いになった。Aの方に彼女のお尻が突き出される体勢になって。

Aは、彼女のお尻とアソコを指でいじり始めた。
この時点で、彼女はかなり感じてたらしい。
Aに「すごい濡れてるよ」とか、いろいろ言われたって言ってた。

BはBで、「ユキ、いっぱい唾つけて」とか、
「ほら、もっと舌動かして!」とか、好き勝手を散々言ってたらしい。

そうこうするうち、Aが我慢できなくなったらしく、
指での愛撫をやめて、彼女のアソコにアレをあてがって、
「ユキちゃん、入れるよ?いい?」
とか言って、入れようとした。

彼女も、さすがにこのときは、Bのアレから口を離して、
「やめて!」とか何とか言ったらしいけど。
Bが、「ほらほら、やめちゃダメだよ~」とか言って、
また彼女の頭つかんで、無理矢理(?)くわえさせて。
で、Aが挿入。彼女は、正直、すごい感じたって。

俺はもちろん、「大きかったのか?」って聞いた。
「普通だったけど、・・・なんか気持ちよかった。」だって。
Aは、彼女のお尻をつかんで、激しく動かした。
Aの腰が、彼女のお尻に叩きつけられるたび、
パンッ、パンッ、って大きい音がしてた・・・んだろう、多分。
彼女はもう、Bのをくわえ続けてられなくなってて、
そのうち、手で体を支えてることもできなくなって、
上半身を床に突っ伏した。

でも、お尻は相変わらずAに抱えられてて、激しく突かれてた。
Aは、その前のフェラで結構キテたらしくて、
体位を変えることもなく、しばらくして、
「ユキちゃん、俺もういきそう・・・」
とか言った。

で、彼女が「まだダメ」って言う間もなく、
ガクガクガクっと今まで以上に速く激しく動いて、
抜いて、彼女の背中とお尻に出した。
めちゃめちゃ熱かった、って言ってました。

それで、その後、当然Bにもヤラレた。
最初は正常位で、胸を揉まれたりディープキスされたりしながら、
相当長い間ヤラレ続けた。

その後、壁を使って立ったまま後ろから入れられて、
最後はギリギリで抜かれて、座らされて、顔(と口)に出された。
その間にAは回復してて、また挿入。
結局、2人に2回ずつ。全部生で外出しだったそうです。

彼女に、「ユキは何回いったの?」って聞いたら、
「一回もいってない、いけなかった」って。
酔いが醒めて冷静になって(?)、男たちは何か気まずくなって、
後始末をして、始発で帰った。彼女はその後、一人で帰った。

それからそいつらと連絡は取ってないとのこと。

彼女がこのことを告白したのは1ヶ月ほど経ってから。
で、詳細を聞き出すのには、それから何ヶ月もかかった。


タグ:乱交/泥酔/彼女/浮気/エッチ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:男勝りなパイパン女友達とのエッチ体験談



続きを見る

記事名:優しい彼との立ちバック人妻不倫エロ体験小説



続きを見る

記事名:バツイチの豊満な人妻との不倫エッチ日記



続きを見る

記事名:手コキしてくれた先輩のエロ告白体験談



続きを見る

記事名:欲求不満な四十路人妻の中出し不倫エッチ体験日記



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 妻を寝取られ続ける夫、淫乱人妻エロ話