彼氏持ちの先輩に巨根を挿入浮気エッチ体験話

彼氏持ちの先輩に巨根を挿入浮気エッチ体験話 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 彼氏持ちの先輩に巨根を挿入浮気エッチ体験話





記事No.1694:日付(2017-09-11)
カテゴリ:エロ/エッチ

○○っていいます。今大学の1年生なんですが、サークルの4年生の先輩との体験談を書きます。
まず俺のスペック。まだ19歳ですけど経験人数は20人ぐらい
女子大生やOLと遊んでました。
自宅が繁華街に近かったので、ナンパして関係持つことが多かったですね。
よくチャラいって言われます

あとセックスにも自信があって、27歳で経験豊富なOLとやって今までで一番って言われたことあります
たしかそのOL経験人数3桁超えてるって言ってた

よくチ○コが大きいって絶賛されるんですが、長さは18センチぐらいです。
亀頭がめっちゃ大きいってよく言われますね
カリで奥のほうこすられるのがヤバイらしい

かなり自慢ばっかりになっちゃいましたが。。
そろそろ本題に。

先輩と初めて会ったのはサークルの新歓でした。
新歓というか、大学入ってすぐにあるオリエンテーション的なイベントの後の飲み会です。
スポーツ系のなんでもありな感じのサークルなんですが、その日は100人ぐらい飲み会に集まってました。
男女比は半々で可愛い子が多いサークルですね。
ヤリサーではないですが

その頃、先輩はまだ就活してて、初対面の時も面接帰りって言ってた。
新歓には就活してる4年生の先輩が多くいたんだけど、郡を抜いてリクスー姿が可愛かったのがその先輩です。
仮にAとしておきますね。

A先輩は面倒見がよさそうな先輩で、新歓では1年生や2,3年の後輩に常に気を配っていて、お酒注いだり料理をとったりしていました。
4年生なのにさすがだなあと。
あとリクスーなのに超可愛い
普通リクスー着てる女子大生って、あんまり可愛くみえないですよね?
なのにA先輩は清楚系なのに色気があるというか、他の就活生とは違ったオーラを放ってました。

俺とは大学生活とか就活の話とかして盛り上がってました。
やっぱ就活って大変なんですね。
説明会とか面接でストレスが溜まっていたらしく、俺はなるべく愚痴を引き出そうと会話をしました。
愚痴を吐き出させるだけで女の子ってすぐ落ちちゃうんですよ

さらに先輩の志望業界は商社だったんですが、俺もちょっと興味あって色々話し聞いてたら連絡先教えてもらえることに
まあ新入生をサークルに入れたいという思惑もあったんでしょうが

新歓では連絡先を聞いただけで終わりましたが、次の日からLINEして積極的に連絡をするようにしました。
第一志望の面接がもう終盤らしく、かなりのストレスだったようで愚痴を聞きまくっていました。

あと、先輩には彼氏がいるらしいのですが、お互い就活で忙しく上手くいってないらしい
特にここ数ヶ月は週に1回も会っていなかったそうです。

愚痴を聞きつつ、内定でたら飲みに行きましょう!的なやりとりをしてました。

そして数日後に見事本命に内定!
新歓以降ずっと愚痴を聞いていたこともあってか、すぐに連絡してくれました!
A先輩はかなり早く内定をもらったらしく、先輩の他の友達はまだ就活中。
そんなわけで1年生の俺とその日のうちに祝杯をあげに行くことに。

夜19時頃、二人で繁華街の居酒屋へ行きました。
A先輩はその日も別の会社の面接があったらしくリクスーでした。

やっと就活が終わったって事で、めっちゃハイテンションな先輩
結構なスピードで飲んでました。
就活がいかに大変でストレスがかかるかっていう話を聞かされました
そして話は先輩の彼氏への愚痴に

どうやら先輩の彼氏は就活があまり上手くいっていないらしく、それで関係がギクシャクしているんだとか。
自然と話を下ネタへ持っていき、彼氏との夜の営みについて聞き出します
酔ってるので抵抗なく話してくれました

やはり最近はほとんど会っていないこともあって、ご無沙汰だそう。
さらに、そもそも彼氏はあんまり上手じゃない、自分勝手であんまり満足させてくれない、なんてことも話してくれました

A「しかもちょっと早いんだよね」
俺「どれぐらい?」
A「うーん、、10分とか?前戯もそんなにないんだよー」
俺「まじで俺だったら最低でも1時間はしますよ」
A「うそ~!すごいね」

清楚な見た目とは裏腹にノリノリな先輩に興奮
下ネタはさらに加速します

俺「ちなみに先輩経験人数どれくらいですか?」
A「なんで言わなきゃいけないのよまあ10人ぐらいかな~」
俺「結構遊んでますね」
A「うそ!普通でしょ~!○○君はどうなの?」
俺「20人ぐらいですかね」
A「まじでまだ1年生なのにすごいね!ヤリチンじゃん」
俺「違いますよ!ひどいな」

ちなみに就活中も、説明会とかで知り合った人と飲みに行ってそのままホテル行ってたとか
見た目は清楚な感じなのに意外と遊んでました

そんな感じで下ネタで盛り上がっていたら3時間ぐらいたっていました。
居酒屋を出ると、A先輩はだいぶ酔ってて、そのままホテルへ
意識はハッキリしていたようですが、就活が終わったことの開放感と、彼氏への不満とでホテルまで行く気になったそうです。

ホテルに着き、部屋に入るなりキス。
お互いに舌を絡めあいます。
そして自然な流れで先輩の胸を触ってみると意外とでかい!
リクスーのブラウスの上からはわかりませんでしたが、意外と巨乳でした。
あとで聞いたらFカップなんだとか

シャワーを浴びてベッドへ。
いちゃいちゃしながらちょっと雑談。

俺「彼氏いるのにこんなことしていいんですか?」
A「言わないでよ~○○君が誘ったんでしょ?」
俺「まあそうですけど最近彼氏とエッチしたのいつですか?」
A「2週間ぐらい前かな~」
俺「そのときもイカずじまい?」
A「まあね~てかいつもだよ」
俺「そうなんですかじゃあ今日はいっぱいイカせますね」
A「生意気だな~」

お互いの体をさわりあいながら話します。
二人ともバスローブ着てたんですが、A先輩めっちゃスタイルいい!
脚がスラッとしてて、くびれがすごかったです

そしてたっぷりと時間をかけた前戯へ。
30分ぐらい焦らしまくってから手マン。
Gスポットを攻めると絶叫

アソコをぐちょぐちょ鳴らしながら一気にイかせにかかりました。

「あぁ!すごい!いい!!イクううう!あああイク!!うあっうっうっう…」
体をビクビクさせてるA先輩。

A「はぁ、はぁ、、○○君上手だね~」
俺「それなりに経験積んでるんで」

そしてさらに2回ほど手マンでイカせました

次は俺がA先輩にしてもらう番に。
俺はバスローブを脱いで、ボクサーパンツ1枚の格好に。

A「○○君、もうパンパンじゃん」

このときまだ半立ちぐらいだったんですが、巨根なのでかなりもっこりしてます
どうやら先輩はフル勃起してるのだと勘違いしたらしく、パンツの上から俺のチ○コに触れると、

A「あれ?まだ勃ってないの?」
とビックリした様子

俺「まだ半立ちぐらいですね~」
と言い、自分でボクサーパンツを下ろして全裸になりました。

A「すごい、、○○君おっきいね~」
そう言って、俺のチ○コをしごいてくれました。
するとすぐにフル勃起可愛い先輩に見つめられながらだと興奮しますね

A「すごい!めっちゃおっきいじゃん!」
俺「本当ですか?」
A「ほんとだよ~彼氏の倍ぐらいあるんだけど、、、」
俺「そうなんですか」
A「うん、、こんなに大きいの見たことないよ」

そしてフェラへ。唾液をたっぷり使っためっちゃエロいフェラでした

A「すごい!全然入らない」
亀頭がかなりでかいので、普通の女な子なら亀頭しか口に入りません

A「○○君のすごいね、コレで色んな女の子と遊んでるんでしょ?」
俺「そうですねおっきいの好きなんですか?」
A「まあちっちゃいのよりはね」
俺「うわー彼氏さんかわいそう」
A「だって、、奥までくるのが好きなんだもん○○君のなら余裕そうだね」
俺「まあそうですねガンガン突いちゃっていいですか?」
A「えぇーヤバそう笑」
俺「もう入れちゃっていいですか?」
A「いいよ、入るかな?笑」

俺は先輩を寝かせると、そのまま生で入れようとしました。

A「えっ?ゴムは?」
俺「ホテルに置いてるのじゃキツくて入らないんですよね、ダメですか?」
A「一応安全日だから、大丈夫だとは思うけど、、」

そう言うなり、俺は亀頭を先輩に入れました。

A「あっ、、ちょっとまって、、んあっ、うわ、太い!もっとゆっくり、、」
俺「先輩キツいですね全部入れていいですか?」
A「ダメ、、あぁ!ゆっくり、、」
俺「先輩めっちゃ濡れてますよ奥まで入れますね?」
A「はっ、はっ、はっ、おっきい、おっきい、あっ!あっ!すごい!いい!」
俺「どうですか?」
A「はぁ、はぁ、すごい、こんなにおっきいの初めて、おっきい、あぁ、」

普通にピストンするだけでかなりいい感じの反応でした。
けどイク様子はなかったので、ちょっと変えてみることに。

ぐっと奥まで入れて、子宮に亀頭を押し当てて、揺さぶるように腰をグラインドさせていきました。
ポルチオセックスっていうらしいですね。
今までの相手にも好評で、狂ったようにイクので先輩にも試してみました。

A「はっ、はっ、すごい!奥まで入ってる、、」

亀頭に神経を集中させてコロンッコロンッと奥に当たる角度を発見すると、いい感じの反応をしてくれました
手を左右に広げてシーツを掴み、上半身を少し起こして
A「なにっ?なに?これ!だめっ!だめっっ!!」

逃げようとするから腰をガッチリ掴み、グリングリンとローリング。
腰を少し持ち上げて、思いっ切り振りました。
揺れる巨乳を眺め、亀頭だけに集中して子宮を攻めまくりました。

A「んやっ!もうだめっ!マジだめっ!んやぁぁーっ!ダメダメダメっっ!!!」

そう言って挿入後初イキ
先輩はすごい息あがってたけど、そのまま続けました

俺「彼氏いるのにすごいですね」
A「あっ!あぁ!だめ、言わないで!んぁぁーっ!」
俺「彼氏さんより全然いいでしょ?」
A「うん!すごい、、彼氏よりいい!あぁ!またイクううう!あああイク!!」

何度もイカせていると、
A「お願いだからもうヤメて、、もう無理っ!あぁ!」
俺「そんなに気持ち良いんですか?」
A「気持ちイイの!イイからもうだめ!死んじゃう、死んじゃうってば!」

さすがにちょっと休憩

A「はぁ、はぁ、なにこれ、、こんなの初めてなんだけど、、」
俺「すごいでしょ?」
A「うん、もうヤバい、、今までで一番だよ」
俺「もう彼氏とエッチできないですね」
A「もう~!」

そういうと照れ笑いしながら、俺のチ○コをしごいてくれました。
A「ほんと、すごいおっきいね。とくに先っちょが」
俺のチ○コを見つめながら言います。

ちょっと時間がたったところで再開。
A先輩はかなり疲れていたようなのでラストスパートをかけました。

正常位で、激しくピストンします。
先輩はずっと絶叫してました

A「ああぁ!!!だめえ!またイク!あぁぁぁ!!!またまたイク!!あぁぁぁ!」
俺「そろそろ俺もイっていいですか?」
A「うん、いいよ、はぁ、はぁ」
俺「中でいいですよね?」
A「え、ちょっと、いくら安全日でも、中はダメだよ、だめ!あぁ!またイクううう!」

俺はそのまま奥のほうをガンガン突いていきました。

A「だめ!中はダメだよ!お願いッ!あぁ!だめええ!」
俺「もう無理です中に出しますよ!」
A「だめ!だめだって!あぁ!もう!あぁぁぁぁぁ!またいくぅ!」

そしてそのままA先輩の中に出しました
A「すごいドクドクしてるっ、、あぁ!」

そう言いながら、中に出されながらも感じてました

A「もう~なんで中に出したの?はぁはぁ、、」
俺「だって中の方が先輩も気持ちいいでしょ?」
A「そうだけど、、彼氏だって中出ししないのに~」

そういってふて腐れていましたが、その後は俺のテクをべた褒め

A「ほんと、奥がすごかった、、」
俺「じゃあまたします?笑」
A「ええー、、彼氏いるのにー笑」
俺「だって彼氏さんのよりも気持ちいいんでしょ?」
A「うん、彼氏のよりもすごいおっきくて気持ちよかった」
俺「じゃあまたしましょ!笑」
A「絶対誰にも内緒だからねー!」

その後も先輩とは良好なセフレ関係が続いてます


タグ:巨根/浮気/エッチ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:弟と我妻がこっそりエッチしていた近親相姦体験話



続きを見る

記事名:子供のコーチと浮気する妻を覗き見エロ小説



続きを見る

記事名:人妻と不倫旅行の露天風呂で激しい交尾をした不倫体験日記



続きを見る

記事名:元カノの人妻に中出しセックス不倫エロ告白話



続きを見る

記事名:同僚の五十路熟女とのセックス不倫エロ告白体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 爆乳お姉さんの乳揺れセックス浮気エロ告白話