義父のペニスにハマった人妻のエロ日記

義父のペニスにハマった人妻のエロ日記 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 義父のペニスにハマった人妻のエロ日記





記事No.1551:日付(2017-08-25)
カテゴリ:人妻/熟女

私は31歳、結婚4年目のパート主婦です。
63歳になる義理の父と同居しています。お義父さんは会社を定年退職しており、奥さまを6年ほど前に病気で亡くされています。1歳年上の夫とは週に1~2回のペースでセックスしています。いきなりですが夫は超包茎です。手で剥けるので一応仮性ですが、勃起時も皮が余るくらいです。

しぼんでるときなどはそれこそゾウさんの鼻みたいなホースがおちんちんの先についてます。
本人もかなり気にしていますが、清潔にしていれば何も支障はないし、私としてはそれほど気にしていませんでした。

実は私は包茎のおちんちんしか経験がありませんでした。
よく噂というか猥談で剥けてるのとそうでないのとでは入れたときの感触が全然違う、というのを聞いたことがありますが、関心はありましたが、私としてはその違いを知るすべもありませんでした。

ある日、朝、夫を送り出した後、家事を済ませてパートに行くとマネージャーの手違いでシフトがだぶっていました。
マネージャーから悪いけど今日は帰ってもらえませんか、と言われ、仕方なく家に帰りました。

勝手口から家に入り、リビングにいると奥のお義父さんの部屋から私の名前を呼ぶ声がかすかに聞こえました。
あれ?お義父さん、私が帰ってきたことに気づいているのかな?と思ってお義父さんの部屋に行くと、お義父さんはベッドの上に座っていました。

下半身むき出しで、右手でおちんちんをしごきながら、左手に持った私のパンティを顔に押し当てて、「○○さん、○○さん!」と言いながらオナニーしていました…。
私は思わずアッと声を上げてしまい、お義父さんに気づかれてしまいました。

「○○さん、パートに行ったんじゃ…」私は返事もそこそこにごめんなさい、と言ってすぐ部屋を後にしましたが、お義父さんがおちんちんを勃起させたまま、後を追いかけてきました。
そして、リビングに追い詰められ、ソファーの長いすに押し倒されました。

「1回でいい、1回でいいからヤラせてくれ!」お義父さんはそう懇願しましたが、私は懸命に抵抗しました。
お義父さんは私の腕を放そうとはしませんでしたが、懸命に頼み込みます。
「○○さん、お願いだ、1回でいいから!」どうやら力ずくでしようという気はないみたいですが、簡単に諦める様子もありません。
ソファーの上でそんなやりとりが1分ほど続いたでしょうか、私はついに根負けしました。

「わかりましたお義父さん、1回だけヤラせますから、乱暴はしないでください」
そう言うとお義父さんはうれしそうな顔をして、ありがとう、ありがとうと何度も頭を下げ、掴んでいた私の腕を放してくれました。
はだけた服を直しながら、1回だけですよ、と強く念押ししてお義父さんに身を委ねました。

実は私がお義父さんを受け入れることにしたのは根負けしたというのもありますが、お義父さんのおちんちんがズル剥けだったからというのがありました。
勃起してるから当たり前、と思うかもしれませんが、勃起状態で手で剥いてもすぐ皮が戻るほどの夫のおちんちんとは見るからに違いました。

「ムケチン」で突かれるのってどんな感じなんだろう、という十数年来の興味が最後は理性に勝ってしまったのです。
お義父さんは私の隣に寄り添うように座ると、肩の後ろから手を回しました。
キスは私に気を遣ったようでしてきませんでした。

私のポロシャツを脱がせ、ブラのホックを外すと、大きくはないものの自分でも形に自信があるおっぱいにお義父さんはおお、と声を上げ、乳首を舐めまわし始めましたそうこうしている間にもお義父さんは下半身むき出しですから、私の視線はお義父さんの股間のムケチンに釘付けです。

ちなみに大きさは夫のとそれほど変わりませんが、剥けているためか、大きく感じます。
お義父さんは丹念に、執拗に乳首を舐めまわし、時おり歯で乳首を軽く噛み、時には強くおっぱいを揉みしだきます。
心の中で私は自分に「あくまで自分は仕方なくヤラせてるんだ、感じてはいけない」と言い聞かせていましたが、おっぱいを触られるだけでアソコがじっとりと濡れてくるのがわかりました。
こんなことは夫との行為ではありえないことでした。

お義父さんの愛撫はおっぱいからおへそへと下がり、私のジーンズを脱がせました。
私は淡いブルーのパンティ1枚にされました。
このとき私はパンティに愛液のシミを見つけられるとまずいと思って、ジーンズと一緒にパンティも脱がせてほしかったのですが、犯されてる手前、そうもいきません。
お義父さんは太ももの内側を中心に愛撫を始めました。

お義父さんの舌先がわたしのアソコに近づけば近づくほど私は息を殺して我慢しましたが、お義父さんの舌先はアソコに近づいたかと思うとすぐ離れていく、を繰り返しました。
決してパンティの上からもアソコを触ってくれません。
私はさんざん焦らされて、気が変になりそうでした。
夫はクンニは好きでよく舐めてくれますが、クンニなしでこんなに感じたのは初めてでした。

やがてお義父さんの口から恐れていた一言が…。
「○○さん、パンツに大きなシミができてるよ」そう言うとお義父さんはパンティを脱がせ、勝ち誇ったようにその大きなシミを私に見せました。
私は恥ずかしさで真っ赤になった顔を必死に手で隠しました。

気持ちよかったかい?といういかにもオヤジくさいお義父さんの問いかけに私は無言で首を振りましたが、心の中では早くオマ○コイジッて、と思っていました。

お義父さんは私の足をぐいっと開くと私の股間に顔をうずめました。
お義父さんは舌先で微妙に触れるか触れないか、というタッチでク○トリスを刺激し、そして不意を付くようにいきなりク○トリスを歯で軽く噛みました。
メチャクチャ気持ちよかった…。
でもすぐまた舌先で微妙にク○トリスを転がします。

このころになると私は自分でも愛液がおしりの方まで垂れているのがわかり、声も我慢できなくなっていました。
私はもう我慢できずに、「お義父さん、あまりイジめないでください、早く入れてください」
「でも○○さん、これ1回こっきりなんだろ?まだまだ楽しませてもらうよ」そう言うとまたク○トリスを弄びます。
その間指すらオマ○コに入れてくれません。
手は背中やおしり、乳首などを撫で回します。
にもかかわらず私は1回目の絶頂に達してしまいました。
体を反り上げ、お義父さんの頭を押さえつけながらあられもない大きな声をあげてしまいました。
ク○トリスだけでイカされるのは初めての経験でした。

お義父さんは私がイッたことを見届けるとそうかそうか、と満足げでした。
そしていよいよ…。
私はお義父さんの反り返ったムケチンを見ながらフェラさせられるのかな、というかちょっとしてみたい、と思っていました。
(ちなみに普段はフェラはあまり得意でも好きでもありません)しかしお義父さんはここでも私に気を遣ったのか、フェラは求めませんでした。
ちょっと残念…。

お義父さんはゴムを着けていよいよ挿入…ゆっくりピストンを始めました。
感想は…入れるときはそうでもないけど、引くときに違いが感じられました。
引くときにカリの部分がオマ○コの中を刺激する感じは確かに夫のおちんちんでは感じられないものでした。

お義父さんはすごく締まるよ、と言いながら、ゆっくりとしたピストンをしばらく続けました。
私も味わったことのない快感にうっとりしていました。
そして3分くらい経ったころでしょうか、お義父さんがじゃあそろそろ、と言うのでイクのかな、と思ったら一転して激しいピストン!そして時おり動きを緩めたかと思うと腰をクネクネ回してオマ○コの中のいろんなところをムケチンで刺激します。

この繰り返しを10分ほど続けたでしょうか…。
実は夫とのセックスは3~5分くらいで終わるのです。
それも激しく動くとすぐイクので、イキそうになったら動きを止めて、の繰り返しで長くて5分くらいなんです。
彼が早漏ということはわかってましたが、その分クンニや手マンなどで満足させてくれるので不満はありませんでした。
しかしこういうセックスは経験がなかったので、私は感じまくってしまい、初めてセックスでイケました。

しかし私がイッたあともお義父さんはピストンを続けるので私は頭が変になりそうで、必死に、「お義父さん、もうダメです、変になっちゃいます…」と訴えましたが、お義父さんは、「最初で最後なんだろ?まだまだ」と腰の動きを止めません。

私は経験したことのない快感におぼれながら、「お義父さん、もうダメですって、アア…」「これで最後と思うと…」「お義父さん、最後だなんて言わないで、何度でもシテ!!」思わず言ってしまいました…。

お義父さんは一瞬驚いた顔をしましたが、すぐにいやらしい、満足そうな顔をして、「よし、じゃあイクぞ!」と言ってより激しく突き始めました。
1分くらい上下がわからなくなるほど突かれたでしょうか、私はとっくに3度目の絶頂を過ぎていました。

そしてようやくお義父さんが発射…。
精子が入ったゴムを自分のおなかの上に乗せながら、私の頭の中は今後の不安と期待が入り混じっていました。
それ以来、お義父さんにかわいがってもらってます。

お義父さんは私を慰み者扱いすることはなく、基本的に私が我慢できずにお義父さんにシテとお願いします。
お義父さんも今までソープに使っていた年金でバイアグラを買って私をかわいがってくれます。

安全日にはナマで入れてくれます。
私は安全日が待ち遠しくてたまりません。
もちろんフェラも進んでします。
最近夫が包茎手術しようかな、と言い出しました。
どうやら包茎は早漏になりやすい、とどっかで聞いてきたらしいのです。

私はあまり関心のない素振りをしながら心の中では「やれ!」と思ってました。
夫は手術したら(私が)1ヶ月くらいセックスできないことを案じていますが、私的には全然大丈夫です。


タグ:人妻/巨根/義父/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:人妻を淫乱に調教してスワッピング体験小説



続きを見る

記事名:叔母とカーセックス初体験エロ告白話



続きを見る

記事名:高飛車な熟女を焦らして中出しセックス話



続きを見る

記事名:年上お姉さんに童貞卒業してもらったエロ告白体験談



続きを見る

記事名:同窓会で片思いの人と不倫セックス人妻エロ体験日記



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> パートの人妻の気持ち良いフェラチオ浮気体験話