母との濃厚中出し近親相姦セックス体験日記

母との濃厚中出し近親相姦セックス体験日記 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 母との濃厚中出し近親相姦セックス体験日記





記事No.1418:日付(2017-08-06)
カテゴリ:近親相姦

私の結婚が決まってからは、母とのセックスも激しく、彼女・現在の妻・とデートがない夜などは、テレビよりもセックスで、夕食後に母とお風呂を一緒に入り出ると母と二人して裸のまま布団に入り、肌を密着し抱き合い、母が私の口に乳首を含ませた。
「吸って・・・あん・・・そんなに強く吸っても母乳はもう出ないのよ・・・・可愛いわね、本当の赤ちゃんだわね・・・もうすぐ吸ってもらえなくなるのね・・・」

母が私の頭を胸に抱き寄せ、好きに吸わせてくれた、母と肌を密着していたので母の体温を感じていた。

「こっちも吸って」
左右の乳首を交互に含ませ吸わせ、乳首を幾度も交互に含ませ吸わせ、私はオッパイを夢中で吸っていた。

しばらく吸っていると母の方から乳首を離し、仰向けになって両脚を立膝にして開いてくれた。
「舐めて・・・いっぱい舐めてトロケさせて」
パイパンのオマ○コは淡い香りで、母はオッパイを吸われていると濡れてくるので、その時もすでに愛液で潤い、私は口いっぱいにオマ○コを頬張る様にして吸い付き、夢中になってオマ○コに吸い付いていた。

クン二リングス、フェラチオ、69、顔面騎乗位と母のオマ○コに吸い付き口の周りは愛液と唾液でトロトロになり、それでも母はディープキスに応じて口を開き舌を絡め吸い合った。

騎乗位、座位、バックと激しく突き上げ、正常位になり、母に重なり口を吸い合いながら突き上げ
「あっ・・・あっ・・すごい・・・・もっと・・・もっと突いて・・・・もっと・・あなた・・いいわー・・・」
「S美・・・S美・・いいよ・・・・」
「あなた・・・メチャメチャにして・・・もっと・・もっと・・・」
私が限界になり、母を強く突き上げた

「S美いくよ」
「あなたー・・すごい・・熱い・・あなた・・・いくー」
ペニスが母の中でドクンドクンと幾度もなり、精液が母の子宮めがけ放出され、母が失神しペニスは挿入されたままで、母が気がつくまでどの位たっていたのか、そのまま2回戦になり、その後も体力の限りに母に挑み、時間も忘れ、母と激しいセックスに夢中になっていた。

懐かしい思い出ですが、その頃だったと思いますが、母と行ったラブホテルで回転ベッドがあったホテルがありました。
今はもうないのかな?周りが鏡のあるホテルはまだありましたね、

回転ベッドがあったホテルは現在もありますが、回転ベッドがあるかは不明です、確か婚約前だったと思います。婚約後で結婚一週間前にいったある温泉では、母も私もお互いに激しく求め合いましたが、以前にこの欄で告白したことがあると思います。

そこに一軒しかない温泉で母が事前に電話を掛け、午前中の10時半頃ならば入れるのを確かめ、その頃に着く様に家を出て、お風呂は男女別々でしたが、母が<息子と入りたい>と言い時間的に他のお客もなく、母と女風呂に一緒に入り、部屋に戻るとすでに布団が一組敷かれ、枕は二つ並び、枕元にはティッシュが置かれてました。

お風呂でも母と抱き合い、喘ぎ声を出していたので、漏れて聞かれていたのかもしれません。
お昼も忘れセックスに夢中になり、激しいセックスに燃え上がり、母が可愛い喘ぎ声をあげ、この時は<オマ○コ>も叫ぶ様に淫らに上げ、母の体に夢中になり挑み、母の体中キスマークだらけにした思い出があります。
その旅館を出た時はすでに夕方近くになってました。

回転ベッドのあるホテルは婚約前のいつ頃だったかまでは覚えてません。
母とお風呂の後、ベッドに入った時に枕元にいくつかスイッチがあり、回転のスイッチをONにしたらベッドが廻り始め、母も私も驚きましたが、母とセックスを始めると、もう夢中になってました。

「あなたもっと突いて・・・あっ・・・あっ・・・いいー・・・・あん・・あん・・・あん・・・・オマ○コ・・・もっと・・・あなた・・・オマ○コもっとハメテ・・・・もっと・・・あーいいわー・・・あなたー・・・オマ○コ・・・オマ○コ・・・オマ○コ・・・いいー・・・あなたー・・もっとメチャメチャにハメテ・・・オマ○コしてー・・」
「S美・・・愛してるよ・・・すごくいいよー・・・・・」
「あなたもっと愛して・・・・オマ○コ・・・あなたー・・」

回転するベッドの上で激しく燃え上がり、あの時はかなり激しくしたのを覚えている、オッパイは強く吸い、乳首の先が赤くなり上を向いて、強く揉み上げ、乳房はキスマークだらけにして、そしてお腹から下半身にかけてもキスマークだらけで、大腿部の内股もキスマークだらけにしてしまい、激しいセックスで、終った後母が<腰が抜けそうよ>と言ったのを覚えています。

あの頃は<ハメまくり>と言える、激しいセックスの日々でした。

食事よりセックスに夢中になり、オスとメスになりセックス三昧になってました。
母が避妊処置があったのでよかったですが、そうでなければ当然私の子を妊娠してしまっていたでしょう。人には話せない思い出です。


タグ:近親相姦/母親/中出し/セックス/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:寝ている兄嫁との生セックス不倫エロ告白話



続きを見る

記事名:3P体験でセックスにハマったOLのエロ話



続きを見る

記事名:隣の奥さんとスポーツクラブで不倫エッチ体験日記



続きを見る

記事名:上司に処女喪失させられたOL不倫エロ体験談



続きを見る

記事名:カラオケで初アナルセックスしたエッチ体験話



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> 感じやすいお嬢様風の子に中出しエッチ告白体験談