バツイチ女性が会社の上司に性奴隷されているレイプ体験日記

バツイチ女性が会社の上司に性奴隷されているレイプ体験日記 エロ物語「H話/H小説/H日記」


ムラムラやドキドキするみんなのエッチなお話をまとめたブログ


エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> バツイチ女性が会社の上司に性奴隷されているレイプ体験日記





記事No.1001:日付(2017-06-15)
カテゴリ:レイプ

どうやって撮られたのか分かりませんが、自分の部屋で一人エッチしてたのをムービーに撮られてたんです。
会社の上司に。

私は25歳のバツイチで、今年の春から一人暮らしです。

離婚する時色々大変で暫くは男は要らないと思い、恋愛も控えてましたが、一度結婚生活で味わったセックスの喜びを、一人暮らしのマンションで自分自身の指先だけで慰めてました。

それを撮られてたんです。

あの日上司に資料室で見せられ、立ち上がれない程ショックを受けました。

今度の飲み会で披露したいと言われた時、頭の中が真っ白になり泣きながら上司の腕に縋ってました。

相談しようとその夜食事に誘われ、その後どうなるかなんてその時は考えられませんでした。

食事の後ムービーの現場を見たいと言われ、仕方なく部屋へ上げました。

私の部屋でビールを飲みながら、三回やらせれば動画を消すと提案が有りどうすべきか迷ってる私をソファーに押し倒して跳ね除けようとする私は強引な力に抵抗力が奪われました。

三回我慢すれば、全て終わるんだとバカな私は身を任せました。

その夜は死ぬ程辛かったです。

その上司は私が一番嫌いなタイプで、生理的に全く受け付けません。

同じ場所で同じ空気を吸ってるのも嫌な位なのに、身体中を舐め廻され特にクリは、気が遠くなる位に長い時間しゃぶられてその後吐き気がするほど私の身体を弄び、卑猥な言葉を投げかけました。

私は挿入させるより口でいかせようと思いました。

アソコに入れられるより、そちらを選びました。

しかしあいつはそれをさせず、いきなりペニスを入れてきました。

そしてあっという間に私の中に放出しました。

自分で言ってましたが、相当溜まってた様です。

奥さんに逃げられてから風俗通いで、なんと私が入社してからは私をオカズにしてたらしいのです。

その日は朝まで5回もされてくたくたで朝を迎えました。

そして2度目も私の部屋、3度目はあいつの部屋に連れて行かれ最後だからと、ある土曜日の昼から日曜の夕方迄ずっと玩具にされました。

あの男は一方的に女性を責めるのが好きで、フェラをさせたりはせずにずっと私の身体を舐め廻すのが好きみたいで、ひたすら私の身体を舐めたり弄ったりしてました。

全てが終わって、ほっとして服を着てると、あいつがTVを付けその映像を見た時心臓が止まる思いでした。

さっきまでここで行われてた卑猥な映像がクリアな音声と共に流れてきました。

あいつは最初から私を解放する気は無かったのです。

今でも私は週5日は、あいつの部屋で玩具にされてます。


タグ:奴隷/上司/レイプ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:イってる女をファックし続ける絶倫SMセックス体験日記



続きを見る

記事名:パート先の社員とのセックスにハマったW不倫告白話



続きを見る

記事名:義姉を寝取った合コンでのエロ話



続きを見る

記事名:三十路の巨乳人妻と職場エッチ小説



続きを見る

記事名:生中出し大好きな人妻のセックス体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ物語「H話/H小説/H日記」 --> パートの人妻の気持ち良いフェラチオ浮気体験話